傷跡・陥没修正

日本形成外科学会 形成外科専門医が診察から手術まで担当

顔や、身体の傷跡、手術の傷跡修正の患者さまが多数いらっしゃいます。傷の状態を見て、線状に切りなおし、真皮縫合、皮膚縫合をします。必要に応じて、Z形成術やW形成術による修正を行います。

レーザー治療・縫合による瘢痕(傷跡)、肥厚性瘢痕、ケロイド治療も行なっています

赤みを軽減するヤグレーザー治療や傷跡を目立たなくするフラクショナルCO2レーザー治療を行います。ひきつれが無い場合は、瘢痕(傷痕)を切り取り、丁寧に縫合します。ただし傷跡が全くなくなる訳ではありません。目立たなくするなどの治療です。

ドクターより
「傷跡は、ひきつれがあるかないかで治療方法が異なります。また、ピアス耳垂裂や刺青の切除修正も行います。」

このような方に 過去の手術痕を目立たなくしたい
ケガの傷跡を目立たなくしたい
所要時間・回数・期間など 傷の状態によります
施術について カウンセリング当日の治療 :ご予約時に傷跡修正ご希望とお伝えください
メイク : 当日可能です
洗顔 : 当日可能です
入浴 : 当日はシャワーにしてください
副作用・合併症の可能性 切除縫合の場合
術後3-6か月程度は赤みが残ります。この間はテーピング(場合によっては夜間のみテーピング)を行います。

フラクショナルCO2レーザー治療の場合
複数回の治療を要します。また術後は赤みや色素沈着のリスクがあります。
Q.手術は痛くありませんか?
ご心配な方には麻酔シールを貼ってから治療いたします。

この治療をご検討の方は、こちらのページもご覧になっています

青山外苑前クリニック
ピアスによる耳垂裂手術
日本形成外科学会 形成外科専門医(院長)
  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ