しみレーザー治療

レーザー治療(Qスイッチルビー・ノーマルパルスルビーレーザー)

シミの原因メラニンだけを破壊するシミ・あざ治療機器。日本レーザー医学会評議員である院長が、出力を判断・調節し治療を行います。

Qスイッチルビーレーザーで治療が可能なシミの種類

老人性のシミ(一般的なシミ)
太田母斑
扁平母斑
色素性母斑
刺青(黒色・青色)
遅発性太田母斑
異所性蒙古斑

レーザー認定医による診療で安心・きれいな仕上がりに

日本レーザー医学会評議員である院長が、患者さまおひとりおひとりのお肌の状態を見極めます。
例えば、表皮のシミは弱め、真皮に達しているシミはやや強めなど、まずシミの種類を見極め、レーザーの出力設定をします。ここで間違った判断をすると、不必要に何度もレーザーを打たなくてはいけなくなったり、逆に強すぎて、長期のダウンタイムを要することになってしまうことがあります。シミのレーザー治療はその前後のケアも大変重要です。シミの種類によっては、レーザーを打つ前に塗り薬でシミを薄くしておき、レーザーを照射することもあります。こうすることでお肌かかる負担が少なくなり、仕上がりもよりきれいになりますし治療費も安く抑えられます。レーザー後は、シミが再発しないようにアドバイスも行っております。
副作用・後遺症などのリスクについて。
Qスイッチルビーレーザーは、皮膚のメラニン色素を破壊するレーザーです。しかし、出力を上げすぎたり、治療間隔を十分にあけないと、皮膚の色が抜けて白っぽくなってしまったり、傷を作ってしまいます。出力が弱いとメラニン色素が全く破壊されず、シミを取ることはできません。レーザー前後のケアも大変重要です。シミ・あざの種類や皮膚の状態によって、前後のケアーの仕方も異なります。

ドクターより
「最近になり、いろいろな機器が登場しましたが、Qスイッチルビーレーザーは美容に欠かせない治療です。
塗り薬とこのレーザーがあれば、ほとんどのシミに対応できます。」

このような方に お顔・体のシミ・そばかすが気になる
あざを消したい
怪我のあとが黒ずんでいる
刺青(タトゥー)を消したい など
所要時間・回数・期間など シミの性質や深さによって違います。

お肌のきわめて浅い部分の薄いシミ:1回で取れます
あざの場合:3回~10回以上の照射が必要
より深い部位のシミであるほど照射の回数が必要となります。

メラニンが浅ければ茶色、少し深いと黒色、かなり深いと青色に見えます、必要な照射回数の目安になります。
施術について 予約時にレーザー治療(Qスイッチルビー)ご希望とお伝えください
メイク : 翌日頃から可能です
洗顔 : 当日から可能です
入浴 : 照射当日はシャワー程度にしてください
効果持続期間 多くのシミやあざは、アフターケアを行えば再発の可能性は少ないです。そばかすや肝斑(かんぱん)は特にしっかりとケアしていただく必要があります
副作用・合併症の可能性 ・ かさぶた、水泡、びらん、潰瘍、瘢痕
・感染
・色素沈着(長期にわたり残存することがあります)

かさぶたが剥がれた後、しばらくしてレーザー治療自体による炎症後色素が生じます。顔では3−6ヶ月程度、体幹四肢では1−2年、場合によってはそれ以上の期間のアフターケアーを行います。
・ 色素脱失・・出力を上げすぎないこと、照射期間を十分にとることが重要です。
・ メラニンが深く真皮にも存在する場合は、3-6ヶ月以上の期間をあけて、繰り返し照射する場合があります。(後天性真皮メラノサイトーシスなど)
Q.痛くありませんか?
輪ゴムでパチンとはじかれる程度の痛みがあります。ご希望の方には痛みどめの麻酔シールや麻酔クリームをレーザー照射前に処置します。
Q.他のレーザー(光治療機器)とどう違うのですか?
シミやあざの原因であるメラニンだけを破壊します。まわりの皮膚を痛めず、傷を作らずにシミ治療が可能な機器です。
Q.どんなこと(肌の状態)に具体的に効果がありますか?
ほとんどのシミ、そばかすに極めて高い効果があります。ほくろやあざに対しては、数ヶ月おきに繰り返し照射することで、傷を作ることなくきれいに薄くなっていきます。
Q.保険診療は可能ですか?
外傷性刺青、異所性蒙古斑、太田母斑、扁平母斑は保険が適用されます。(3割負担)
Q.自分のお肌(シミ・そばかす)がトレチノイン・ハイドロキノン治療とどちらがよいかわかりません。
お肌の表皮レベルにある(つまり浅い)シミは、トレチノイン・ハイドロキノン治療もレーザー治療でもほとんどの場合、よくなります。深いシミやあざは、トレチノイン・ハイドロキノン治療を1ヶ月程度行ってから、レーザー治療を行うことがあります。簡単な見分け方は、茶色いシミはどちらでも効果的、黒や青色ではメラニンがお肌の深い部分の真皮にも存在するので、レーザー治療も必要です。
Q.盛り上がったほくろも取れますか?
盛り上がったほくろは、他の機器で平らにしてから、レーザー治療(Qスイッチルビー)を照射します。この方法一番きれいに仕上がります。
Q.かんぱん(肝斑)にも効きますか?
肝斑にレーザーを照射するとかえって濃くなることがあります。そのため当院では今のところ、塗り薬や飲み薬の治療法を行っています。肝斑は日光や女性ホルモンが影響すると考えられており、いったんきれいになっても、日頃のお手入れ(塗り薬やサプリメント、飲み薬など)は欠かせません。
Q.治療後にテープを貼らないのですか?
かさぶたは剥がさずに軟膏を塗布していただきます。この約束を守っていただければ、よほど広い範囲の治療でない限り、当院では貼りません。洗顔は当日から、お化粧も翌日から可能です。

この治療をご検討の方は、こちらのページもご覧になっています

青山外苑前クリニック
フォトブライト(ライムライト)
トレチノイン・ハイドロキノン療法
ゼオスキンヘルス ZO SKIN HEALTH
  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ