フェイスライン 手術以外の方法

日本形成外科学会形成外科専門医が担当

お顔が老けて見えるのは、お顔のたるみやへこみなど凸凹のラインが原因です。施術により凸凹の目立ちにくいフェイスラインを作ることができます。

ドクターより
「お顔のラインは、上ふっくら・下シャープが美しいとされています。
とくに頬は横に広がるより、前にふっくらしていると若々しくかわいらしい印象になります。」

「手術しないでフェイスラインを美しくしたい」方へ

(注入・注射)こめかみをふっくらと
頬骨の上下が凹んでいると老けた印象になります。こめかみと頬にヒアルロン酸注入をする治療法があります。>>ヒアルロン酸注入 詳しく
(注入・注射)頬をふっくらと
頬が凹んでいると老けた印象になります。頬にヒアルロン酸を注入する治療法があります。即効性をお求めの方には、ヒアルロン酸注入はその場でドクターと鏡を見ながらお顔のラインが作れるので人気です。ただし9~12ヶ月毎に再注射を要することがあります。>>ヒアルロン酸注入 詳しく
(注入)あごをシャープに
ヒアルロン酸注入はその場でドクターと鏡を見ながらあごのラインが作れるので人気です。ただし1年位に1度の再注射が必要です。あごへの注入の場合、あごを下に出すのか前に出すのかで印象が変わります。また、女性の場合あごが割れていると男性ぽい印象を持たれるのを気にする方も多いですが、その場合にもヒアルロン酸注入は有効です。

いわゆる出っ歯やガミースマイルの場合、お口を閉じようと強い力を入れるため、あごに梅干しじわが出来ることが多いです。その場合、まずボトックス注射でしわが出来るのを防いだ後、ヒアルロン酸注入をするときれいなあごのラインが作れます。

>>ヒアルロン酸注入 詳しく
>>ボトックス注射 詳しく
(注射)エラをすっきりと
エラが突出している場合、それが骨によるものか筋肉によるものかを区別する必要があります。筋肉によるものであれば、ボトックス注射は有効です。>>ボトックス注射 詳しく
ヒアルロン酸リフトとボトックスリフト
顔の深部から浅部にむかって杭(くい)のように支える靭帯があります。年齢とともにそれらの靭帯は衰え、伸びきってしまいます。例えば、ヒアルロン酸を杭の代わりになるように注入し、リフトアップ効果を狙う方法があります。

一方、顔の筋肉には拳上筋と下制筋があります。生まれつき、または加齢とともに下制筋が強くなる部位があります。そのような筋肉にボトックス注射を行うことにより、眉毛、眼瞼周囲、フェイスライン、口角ライン等の改善が得られます

>>ヒアルロン酸注入 詳しく
>>ボトックス注射 詳しく
  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ